バイク買取、カスタム済のものも対象になる?

バイクは自由度が高く、自分好みの仕様にする事が出来る点も大きなメリットですが、カスタムされたバイクの需要は通常仕様のバイクと比較し狭くなりやすいです。

通常のバイクであればノーマル仕様で幅広い需要に応える事が出来ますが、カスタムされたバイクは前のユーザーの好みの結晶とも言えます。

その為需要のある人には非常に人気のあるバイクとなりますが、その顧客はそう多くはありません。

その結果、売れるまでに時間が必要になるケースもあり、カスタムバイクは付加価値がある分高額で売れにくくなってしまう場合もあるのです。

バイクを適正価格で売りたい場合は、カスタムした後にノーマル用の部品も残しておくことがポイントです。

ノーマル仕様にも出来る事で、売れない場合はノーマルに換装、カスタム用品を部品で売る事も出来ます。

バイク改造部品に関しては需要がニッチな市場になっていますので、オークション出品をした方が高額になる可能性はあります。

ただしオークション出品に関しては写真撮影の技術も求められますし、手間もかかりますので、避ける人も多いですね。

また、需要はどうしてもノーマルバイクより劣りますので、売り方にも工夫は必要になります。

カスタムされたバイク買取については通常の買い取り業者に依頼する前に、まずはカスタムバイクに特化している業者を探してみた方がよいでしょう。

バイク買取は需要と供給が成立している業者が最も良い条件で買取してくれやすいのです。