メラノサイトとチロシナーゼ

白髪の原因にはなにがあるのでしょうか。

一般的に髪の毛というのはもともとは白い色をしているといわれています。

しかし、そこにメラニン色素とというものが混ざることによって髪の毛の色が黒であったりだとか、茶色であったり、他にも金色になったりするということになるのです。

しかし、そのメラニン色素というものが、どうしても足りない状態で髪の毛が形成されてしまうということも少なくありません。

それが白髪となってしまう原因といわれているのです。

メラニン色素の中にはどんな細胞が含まれているのか皆さんはご存知でしょうか。

大きく分けて2種類の細胞がメラニン色素の中には含まれています。

これはメラノサイトというものと、チロシナーゼというものになります。

この2つのどちらかが欠けてしまっても、白髪となってしまう原因になりうるのです。

では、この白髪となってしまう原因の根本はどこからきているのでしょうか。

昔から白髪となってしまう原因というのは遺伝から伝わってくるというものがほとんどだと考えられていました。

というのも、白髪が多い両親から生まれた子どもも白髪になる確率が高かったからなのです。

これは今でも考えないでおくということはできない部分だといわれていますが、逆に言うと、白髪となってしまう原因というのは遺伝だけ、と断定してしまうことも不可能なのです。

というのも白髪となってしまう原因は色々なものが複雑に絡み合っているからなのです。

参考までに:白髪の原因と対策 | アンファー