バイク買取と販売価格の違う理由

バイク買取の査定額と実際の販売価格の間には販売の為の整備、場所代、人件費、店舗費用、広告費などが計上されています。

その為、値幅も出来てくるのですが、実際はバイク買取査定額と販売額の間に差が少ないバイクもあります。

そういったバイクは年式が新しいものか、人気があり整備状況が良いバイクです。

実際に購入者が現れるまでの期間が短い、もしくは高額で販売可能である事が想定出来るバイクはバイク買取業者にとって利益の種であり、店の評判も上げてくれます。

品揃えの良さはバイク屋にとって重要な要素であり、人気のバイクを揃える事で宣伝効果も期待出来ます。

逆に買取価格と実際の販売価格との間にかなりの差があるバイクもあります。

年式が新しく状態が良いのにも関わらず割安に販売されており、人気車と同じ年式でも安価になっています。

そういったバイクは需要が少なく、販売されるまで時間を必要とする可能性が高い為に実際に売れるまでの経費が多めに計上されてしまうのです。

その結果バイク買取査定額と実際の販売額との落差が大きいバイクになる、という事です。

その場合個人でオークションに出品した方が高額で売れる可能性はありますが、買い手が少ない事もあり、売れない場合もあります。

バイク買取業者は総合的に利益が出るように計算し、買取をしていますのでそういった差が出てきてしまうのです。

資産としてバイクを活用したい場合は整備をすると同時に、売れ筋のバイクを購入した方が良い事になりますが、個人の好みもあります。

好きなバイクはずっと愛用する、そういった乗り方も1つの在り方です。